RACE【レース】

 

 ドイツGPは予選でルイス・ハミルトンがハイドロトラブルにより14位に留まり、セバスチャン・フェッテルがポールポジションを獲得した。レースはフェッテルがリードしたが、2ストップ作戦のため早々にピットインしたキミ・ライコネンとコース上で交錯しポジションスワップのチームオーダーを巡ってタイムロスを喫し、52周目に雨に足下を掬われてクラッシュ。このセーフティカーでトップとのギャップが帳消しになった上にソフトスタートのタイヤ戦略がはまったハミルトンがだい逆転優勝を挙げた。

 

 中団グループは依然として接戦だったが、ルノー勢とハース勢がSC導入時にインターミディエイトタイヤに交換する失策でタイムロスを喫した一方で、フォースインディア勢はステイアウトで走り切って7位・8位。それでもニコ・ヒュルケンベルグが中団トップの5位、ロマン・グロージャンが6位をキープした。トロロッソ・ホンダ勢はドライタイヤのまま走り切ったブレンドン・ハートリーが10位で入賞を果たした。

 

 実際に誰が速かったのは誰なのか、実際の各車のパフォーマンスがどうだったのか、レースペースと戦略を詳細に分析することであぶり出してみよう。

 

 ドイツGP決勝のラップタイムを表にすると、以下のようになる(横軸が周回数、縦軸がラップタイムで上に行くほど速い)。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031