RACE【レース】

 

ーー今日はタフなレースだったと思いますが、10位でフィニッシュしました(スチュワード審議前に取材)。

「タフなレースだったけど、またこうしてポイント圏内に戻ってこられたことはとても嬉しいよ。今日のスタートの時点ではこんな結果になるとは思ってもみなかったからね。今週末のトラブルやライバルと較べてストレートで大きく後れを取っているパフォーマンスレベルを考えれば、周りと戦えるとは思っていなかったんだ。実際、セルジオ(・ペレス)はストレートがすごく速くてオーバーテイクチャンスのある場所では全然彼に近付くことができなかったんだけど、最後は1チャンスをものにしたんだ。接触はしたけど、それでもなんとかオーバーテイクのバトルを続けてポイントを取ることができたのは良かったよ」

 

ーー接触については審議対象となっていますが、ペナルティにはあたらないと?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • non1009
    • 2018年 7月 10日

    いつも取材お疲れ様です。

    最近のトロロッソは、両方とも完走出来なかったり、競争力が無かったり、良いところがありませんね。

    小松さんや、松崎エンジニアの言う通りストレートスピードはパッケージによるところが大きいんでしょうね。トロロッソは、オーストリアで投入したアップグレードエアロパーツの能力を最大限生かせてないそうですし、トロロッソ、ホンダどちらかのトラブルでしっかりとフリー走行も出来ていないですし…

    ガスリーの言う通り、ホンダのPUのパワーがまだまだメルセデスやフェラーリに及んでいないのは、わかりきっていることなんですけど、PUはアップグレードが入らないと劇的には変わらないし、今あるパッケージのパフォーマンスを最大限引き出せるように、ホンダもトロロッソも、ドライバーも頑張ってほしいと思います。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2018年 7月 18日

      ガスリーは調子に乗って喋りすぎてしまうところがあるので、要注意人物ですね。我々メディアの側からすると大変助かる人材ですが(苦笑)。ただ田辺さんが「チーム内ではそんな話はしてないんですけど……」とおっしゃっていたのがちょっと気になりますね。エンジニア同士できちんとコンセンサスが取れていれば問題ないんでしょうし、マネージメントに長けた田辺さんだからその辺りはキチッとやられていると思いますが……。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031