RACE【レース】

 

 フリー走行3回目のクラッシュで最後尾からスタートすることとなったブレンドン・ハートリーは、セーフティカーが出た1周目にピットインを済ませてソフトタイヤを捨て、パフォーマンスの安定したミディアムタイヤ2セットで残り65周を実質1ストップで走り切る戦略に出た。

 

 最高速不足でオーバーテイクが難しくザウバーに抑え込まれてしまい12位に終わったが、マシンのパフォーマンスは決して低くはなかったようだ。

 

ーー最後尾グリッドから12位フィニッシュとなりましたが、どんなレースでしたか?

「スタートはすごく良かったし1周目も上手く切り抜けることができて、何位までポジションを上げていたかは知らないけど、かなりポジションを上げることはできたと思う。だけど1周目にピットインしてミディアムタイヤに交換して(実質的な)1ストップ作戦に切り替えることにしたんだ。これでかなりトラックポジションは失ってしまったし、オーバーテイクがかなり難しかったことを考えると、その戦略が正しかったかどうかは分からないけど、マシンのフィーリングが良かったしペースも悪くなかったから、最後にエリクソンをあと5〜6周早く抜くことができていればその前のストロールも捕まえることができたと思う。でも10位のルクレールはかなり離れていたし、ポイント圏内にはあと2つ足りなかったね」

 

ーーオーバーテイクが難しかったのは最高速が足りなかったからですか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • 3Blackcats
    • 2018年 5月 16日

    「すごく冷たい、刺激のある液体」。興味津々です。ドリンクではないなら、F1レースエンジンのラジエターとはそれほどに冷やす能力があるのでしょうか。刺激があるため冷たく感じただけなのか?まあ市販車のクーラントとは全く違うんでしょうね。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2018年 5月 17日

      普通はシート周りは熱いものなので、液体が染みてきた時点でそう感じただけなのかもしれません。
      クーラントが漏れていたらレースはできていないはずなので、案外ドリンクとかだったのではないかと想像していますが(苦笑)。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2018年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Sep    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031