RACE【レース】

20180420-06

 

 レッドブルは31周目のセーフティカー導入の際にピットインして新品ソフトに履き替え、大逆転優勝を果たした。これはレッドブルの瞬時の判断が優れていたわけではなく、どのチームでも「今セーフティカーが入ったらどう行動するか」という行動指針は常にストラテジストが弾き出しており、それに従ったまでのことだ。

 

 中国GPのレッドブルの場合、トップ2チームとは速さに差があり、中団グループとも大きな差があるという昨年と同じような状況にあった。失うものはなく、だからこそリスク無くピットインができ、新品ソフトタイヤでアタックするというギャンブルに出ることができたのだ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031