RACE【レース】

20180420-09

 

 中国GPにおける中団グループのトップは、ルノー(黄色)だった。それはレースペースにもはっきりと表われており、ペースが中団で最も速いだけでなく、デグラデーションも小さくグラフは右肩上がりを描いている。ただしこれはセーフティカーの幸運も大きく味方してのものだ。

 

 ルノー勢はウルトラソフトから早めのピットストップでミディアムに繋いで1ストップで走り切るやや苦しい戦略だったが、31周目のセーフティカー出動がこれを救った。ニコ・ヒュルケンベルグ(黄色・太線)はポジションを失うことなく2回目のピットストップを行ない、ソフトタイヤに交換したことで第3スティントは悠々と走行することが可能になった。最後はフェルスタッペンに撃墜されたフェッテルがペースを落として6位を手に入れたが、もしセーフティカーがなければレース展開は苦しいものになっていたはずだ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930