RACE【レース】

20180414-01

 

 中国GP予選でトロロッソ・ホンダの2台はマシン挙動が定まらず苦戦を強いられた。原因が寒いコンディションによるタイヤのグリップ不足にあるのか、風の影響によるものか、セッティングにあるのかが把握できていないというが、パワーユニット面では全く問題はなかったようだ。

 

 ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターは次のように説明した。

 

ーー昨日はこの中国GPの週末には楽観的なスタンスでは臨んでいないとおっしゃっていましたが、こういう結果はある程度想像されていたのでしょうか?

「楽観的でないというのは、予想が付かない状況で来ていたということです。バーレーンはああいう結果でしたけど、あれが続くのか続かないのか、善戦になるのか苦戦になるのか、これだけタイトな中ですからちょっとしたことで順位は大きく変わりますし、やってみないと分からないという状況ですからね。そういう難しい状況で戦っているとい¡うことですね」

 

ーー予選直後のドライバーに聞いてもどうしてクルマがこんなに思ったように走らないのか分からないということですが、チームとしてはその後のミーティングでの話し合いを受けて何が原因だと考えているのでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • NAKA
    • 2018年 4月 14日

    トロロの限界でしょうか?
    トップ3のチームは、どんな条件でも速いじゃあないですか!

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2018年 4月 25日

      メルセデスAMGですら失敗することもありますし、特に今年のピレリタイヤは温度変化が敏感、なおかつ外れた時のグリップとデグラの変化が大きいということで、トロロッソもそのミスを犯してしまったようですね。お勉強して賢くなってもらいたいですが、タイヤメーカー出身のエンジニアがいないのはやはり大きな不利になっているようです。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2018年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031