RACE【レース】

20180306-04

 

 バルセロナ合同テスト2回目の初日はブレーキシステムのトラブルで午後を棒に振ってしまったトロロッソ・ホンダだが、ホンダのパワーユニット側のテストとしてはほとんど影響はないという。まだ予選シミュレーションは行なっていないものの午前中のロングランですでに目標の半分以上をこなせたといい、テストプログラムは残りの3日間で充分にリカバリー可能だという。

 

 さらに今週持ち込まれているテスト1回目のテスト仕様とは異なる「開幕戦を睨んだ」仕様のパワーユニットについて、ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターに話を聞いた。

 

ーーテスト2回目の初日は54周という走行になってしまいましたが、パワーユニット側はどのようなプログラムだったのでしょうか?

「チームとともに組んでいるプログラムの中でレースシミュレーション的なことやピットストップ練習などを進めました。パワーユニットとしては問題なかったんですけど、チームとしてトラブルに見舞われてしまいました。明日からリカバリーしていこうと思っています」

 

ーー午後は14時半に1周走っただけでその後は修復作業に掛かりきりになってしまいましたが、どんなトラブルだったのでしょうか?

「ちょっと大事でした。それで解析に時間が掛かってしまったんです。ブレーキなので(安全性に関わるので)『ちょっと試しに走ってみようか』というのはなしで完全に原因を究明してから対応するということで時間が掛かってしまいましたね」

 

ーー今週のテストではどういう内容を予定していますか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031