RACE【レース】

MCL33-01

 

 2018年2月23日、マクラーレンは2018年型マシンMCL33を発表した。1968年に創設者ブルース・マクラーレンが使用した伝統のパパイヤオレンジ(正確にはパパイヤイエロー)とダークブルーをまとい、ロン・デニス色のN払拭とさらなるチームイメージの刷新を図っている。

 

 マシンの基本コンセプトは昨年型から踏襲しており、変化を見付ける方が難しいほど。MCL32の正常進化型どころか、MCL32にルノー製パワーユニットを搭載しただけのMCL32Bと呼んでも良いくらいのマシンに見える。

 

 ただしMCL32は昨年全車の中で最もホイールベースが短かったが、MCL33ではホイールベースを伸ばし、空力的な開発余地を生み出すことを選んだようだ。チーフテクニカルオフィサーのティム・ゴスは次のように示唆している。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930