REGULAR【連載】

20180224-01

 

「僕の仕事はコース上で最大限にプッシュすることだ」

 

 かつてミハエル・シューマッハとフェラーリの黄金期がそうであったように、F1ドライバーが中心となり圧倒的なカリスマ性でチームをまとめ上げて牽引することがF1での成功の近道とされた時代もありましたが、高度に複雑化した現在のF1では、それは必ずしも正解ではないようです。

 

 フェラーリは数年間の低迷を経て2017年に躍進を果たしましたが、セバスチャン・フェッテルは自分がチームづくりにあれこれ口を挟むべきではないと考えています。自身の仕事はマシンを速く走らせることであり、チームづくりはチーム代表の仕事だというわけです。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930