RACE【レース】

20140314-01

 

 オーストラリアGP初日、小林可夢偉のマシンはインストレーションラップで燃料漏れのトラブルが発生し、その修理に膨大な時間を要することとなった。最初はレーシングスーツを脱ぐことなくFP-2での走行再開を待っていた可夢偉だったが、結局チームはFP-2での出走も不可能と判断し、可夢偉の初日はたった1周のチェック走行のみで終えることとなってしまった。

 

 予想外の厳しい滑り出しに苦笑いをしながらも、可夢偉は全力で“楽しむ”ことを念頭に決勝に向けて腐ることなく前向きさを失ってはなかった。

 

ーーわずか1周だけで終えることになってしまいましたね。

「信じられないですね(苦笑)。今日はデータもたいして取れてないですけど、まぁこういう時もあると思うんできれいさっぱり忘れて、明日残された時間でどこまでやれるかですね」

 

ーーどういうトラブルだったんですか?

「インストレーションラップでガソリンが漏れてて、帰ってきたらクルマの後ろから軽く火が出てて、その原因がエンジンの裏側にあってエンジンを外さないと直せなかったので、FP-2も走ることができなかったっていうだけですね」

 

ーーその原因というのは?

「トラブルの原因は僕らよりもルノー側にあって、そのホースを作ってる段階にあるらしくて。最初に作ったパーツが上手くいったんで再注文したら、次に来たパーツがダメだったみたいで。製造している工場の問題で、間違いなくケータハムが作ってるものではなくて、ルノーが持ってくるパーツの一部だったみたいですけど。なんでそれがレッドブルとか(他のルノー勢)で起きてないのか不思議ですけどね。

 だから、そういう点ではまだまだやることがあるっていうことですね。そもそも、こういう問題がこの時点で起こるっていうのがなかなか珍しいことですからね。冬の間に出すことができてないっていうのが問題であって」

 

ーーもう走れないと分かった時の気持ちは?

「俺またランチだけ食いに来たみたいなことになってるやん、って言うてたんですけど(苦笑)。まぁ僕らにはどうしようもない問題ですけどね」

 

ーー明日に向けてはどう対策を?

「まぁスペアのパーツですよね。それが問題が起きないことを祈るしかないですね。まぁ僕は神様じゃないんでそれが上手くいくかどうか分からないですけどね」

 

20140314-02

 

ーー昨日はまだプログラムをいろいろと検討していると言っていましたが?

「うん、プログラムは決まってました。やるべきことからやっていこうと。まずフロントウイングがもう1種類あったし、クルマのバランスを見てそれにどう対処するかっていうプログラムを組んでたんで、走らないことにはなんとも言えないですよね(苦笑)」

 

ーーここまで酷いことになるとは……。

「酷いというか、運が無いというか(苦笑)。まぁ、僕は単純に運がなかったんやと見てますけどね。明日走れることを願うしかないですね」

 

ーー明日のFP-3が雨にならなきゃ良いけど……。

「こうなったら何でも来いでしょ、雪でも雹でも(苦笑)。逆にそっちの方が良いかもしれないですよ」

 

ーーそのくらい、ぶつかって行くくらいの気持ちで?

「まぁ、ぶつかったらダメですけどね(笑)。まず残された時間の中で距離を稼ぐことが大事なんで、焦らずに落ち着いて、最低限やらなきゃいけないことからやっていければと思ってます。1時間しか走れないままでレースを迎えるっていうのは結構ビックリしますけど、ハイフューエル、ローフューエル、タイヤ比較、ブレーキバイワイヤの調整、燃費チェックなどやることはたくさんありますけど、それを1時間の中で効率良くテストをしていって、あとはレースでどれだけ走れるか、っていうような流れかなと思ってます」

 

ーーチームからの『KAMUI SUPPORT』の感謝状が出されましたが?

「元々、シーズン開幕直前に最後のお金を振り込んで、それ(感謝状)をもらうということにしてたんです。お金だけ先に振り込んでもシートがなくなるってこともF1ではあり得るんで(苦笑)。予定通りここまで行けてよかったし、ファンの人たちにはすごく感謝してます」

 

(text by 米家 峰起 / photo by 米家 峰起, Caterham)

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031