RACE【レース】

20160416-03

 

 マクラーレン・ホンダとして目標としていた初のQ3進出を寸前で逃した中国GPの予選後、マクラーレンの両ドライバーとエリック・ブリエ、ホンダの長谷川祐介F1総責任者が出席して行なわれた“Meet the Team”の模様をお送りする。

 

 両ドライバーともに「Q3に行ける速さはあった」と語り、FP-2での最高速トップ記録や決勝に向けたセッティング変更についても言及した。

 

ーー今日の予選結果について、ドライバー2人はどういう気分ですか? 明日の決勝への自信は?

JB「少なくともQ3に行く争いをすることができたし、スタートタイヤを自由に選ぶこともできる。新品タイヤでスタートすることもできる。そこはポジティブだ」

FA「僕もジェンソンと同じだよ。金曜日のロングランペースには満足できていなかったしインプルーブが必要だったから、昨日から今日にかけてセットアップを色々と変えたんだけど、予選に関して言えばそれが良かった。明日のロングランでも良くなっていることを願っているけど、このコンディションだったからきちんと確認することはできなかったから、まだクエスチョンマークは残っているんだ」

JB「今週はピレリの規定内圧が高い(昨年比でフロントが+1PSI、リアが+1.5PSI)せいであちこちでフワフワと浮いて走っているような感じだし誰もが苦しんでいるけど、明日のロングランでは少しマシになってくれることを祈っているよ」

 

ーーQ2敗退が決まった時には、無線で悔しそうに喘いでいましたね。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031