RACE【レース】

20160418-07

 

 バーレーンGPの欠場から復活し約1カ月ぶりの実戦となったフェルナンド・アロンソだったが、決勝は12位フィニッシュ。セーフティカーの導入により2ストップ作戦が上手く機能しなかったというが、マシンのパフォーマンスとしてはトップ7〜8に入るまでの最後のステップは目の前に見えているという。ただし、肋骨の痛みはこの中国GPの3日間で最もひどかったという。

 

ーー12位フィニッシュでしたが、どんなレースでしたか?

「タフなレースだったよ。今日の僕らにはポイントを獲るだけの速さがなかった。周りの3ストップ勢に対して僕らは2ストップ作戦を選んだけど、それも上手くいったとは言えなかったしね。セーフティカーが入ったことで3ストップ勢がピットストップ1回分の得をしたわけで、僕らは約25秒を失ったことになる。だけどペース自体も遅かったんだ」

 

ーー入賞争いをする速さがなかった?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930