RACE【レース】

20160417-03

 

 予選ではQ3進出が目前に見えていたにもかかわらず、決勝では12位・13位と低迷。マクラーレン・ホンダは中国GPで入賞が果たせなかった。

 

 これが実力通りの結果だというホンダの長谷川祐介F1総責任者に聞いた。

 

ーーリタイアが1台も出なかったとはいえ、12位・13位という結果でした。

「まぁ、これが今の実力ですよね。実力を忠実に反映したのがこの結果だと思います。弁解の余地なく、残念な結果です。去年のようなパワーユニットのトラブルに足を引っ張られてセットアップが決まらずに力を出せないということではなく、マシンパッケージの力を出し切ってこの結果ですから、そういう意味ではなおさら残念ですよね(苦笑)」

 

ーーレッドブルのような非力なパワーユニットを積んだチームでもメルセデスAMGを抜いて表彰台に上がりましたが?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930