RACE【レース】

20160421-01

 

 第3戦中国GPはスタート直後に多重事故が起き、フェラーリ勢が優勝争いのチャンスを失うとともに、首位に立ったダニエル・リカルドもパンクで後退。その後はニコ・ロズベルグの独走勝利となりました。

 

 優勝争いを視野に入れていたフェラーリの真の実力は? 予選のトラブルで最後尾スタートを強いられたルイス・ハミルトンは? そして3位・4位フィニッシュのレッドブル勢や、入賞がならなかったマクラーレン・ホンダ、下位集団の中でルノーやザウバーと互角の戦いを見せるマノーは?

 

 決勝の全車全ラップタイムを分析してみましょう。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Nov    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031