RACE【レース】

20151116-06

 

 ブラジルGPではフェルナンド・アロンソのパワーユニットが金曜、土曜と立て続けにトラブルに見舞われたホンダだが、これはこれまでのトラブルとはやや異なるもので、ホンダとしてもショックは大きかったようだ。

 

 これまでホンダのパワーユニットに起きたトラブルは、ハーネス(配線)の接触不良やセンサーのトラブルでパワーユニットが正常に作動させられなくなるというものが大半を占めていた。USGPではハーネスのコネクタ接触不良、メキシコGPではMGU-Hの回転センサーのトラブルでミスファイヤやエネルギー回生ができないという症状が起きていた。

 

 つまり、少なくともロシアGPから投入したスペック4に関してはパワーユニットそのものにトラブルは起きていなかった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2020年2月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jan    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829