RACE【レース】

20140725-10

 

ーー予選4位という結果は、「おめでとう」と言って良いのかな?

「いや、おめでとうではないですよ。この結果は嬉しいですけど、クルマが良かったっていうことですね」

 

ーーベースセットアップの走り出しから良かった?

「朝の走り始めから良かったですね。持ち込みのベースセットアップからほとんど変えてないですからね。まぁフリー走行のミディアムタイヤを履いた状態では、タイムは出たものの『ここをこうしたい、ああしたい』っていうのはあったんです。でもそこまで大きな問題ではなかったんで、微調整で味付けだけして予選に臨んで、ソフトタイヤを履いたらその伸びしろが今までよりも大きく出たという感じですね」

 

ーーこれまでずっと苦労してきた持ち込みセットの問題が解決したのはなぜ?

「シルバーストンで2人ともものすごく苦労してノーポイントに終わって、チームがホッケンハイムまでの間にすごく努力したんです。そこで何を変えたのかは僕は聞かないですけど、ホッケンハイムでは好調でしたからね。

 シルバーストンまでの問題っていうのが、ソフトタイヤを履いたときにタイヤはグリップしているのに『これくらい上がっているだろう』っていう体感速度ほどタイムが伸びないっていうことだったんですね。でも今日はその体感時間との差が少なかったんです。28秒台出したいと思って走ったら出せたので、そこが大きかったですね」

 

20140725-11

 

ーー予選のアタック自体は満足できるものができた?

「ちょっとしたミスもありましたし、完璧とは言えないアタックでしたね。トラフィックはみんな引っかかってるでしょうし、ある程度はしょうがないですけどね。でも、もうちょっと行けたかなという感じですね」

 

ーーポールポジションとは0.222秒差だったけど、ポールも見えていた?

「2セット目のタイヤのアタックではセクター1で0.15秒くらいマイナスで来てたんで、あれで渋滞に引っかからなければとか僕の前でクルマが飛び出さなければとかいろいろあったんで、もしかしたポールポジションもいけてたかもしれませんね。終わったことはしょうがないですけどね」

 

ーーここはAUTO GPでは勝ってるけど、得意意識はある?

「AUTO GPで2戦して2勝、去年も勝ってますし、3勝中ですね。特に得意意識はないし、暑いから好きってわけじゃないですね(苦笑)。レイアウト的には難易度が高くて難しいサーキットなので、好きでも嫌いでもないという感じです。AUTO GPで速かったからといって活躍できるほどGP2は甘くないと思ってますし。街は綺麗だし綺麗な女性も多いのでブダペストは好きですけどね(笑)」

 

ーー明日のレース1は4番グリッドからのスタートだけど、どう戦う?

「最大のチャンスですけど、僕自身はなんだかんだ言ったってまだノーポイントですからね。せっかくこんなに良いチャンスをもらったんで、まずはしっかりとポイントを獲ってレース2に繋げたいと思います。GP2は競争も激しいし、何かに巻き込まれるかもしれないし、よく分からないことが起きますからね。」

 

(text and photo by 米家 峰起)

 

 

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30