1. HOME
  2. RACE【レース】
  3. 2014 Rd.6 MONACO
  4. 【モナコGP・日曜】小林可夢偉「あの接触がなければ10位入賞できていたはずなのに……」
2014 Rd.6 MONACO
【モナコGP・日曜】小林可夢偉「あの接触がなければ10位入賞できていたはずなのに……」

【モナコGP・日曜】小林可夢偉「あの接触がなければ10位入賞できていたはずなのに……」

20140525-02

 

 波乱の展開と、それに乗じた浮上を狙ったはずの小林可夢偉とケータハムだったが、まさか逆にマルシア勢にそれを現実のものとされてしまうという思いも寄らない結果になってしまった。強引な追い越しを仕掛けたジュール・ビアンキとの接触でダメージを負い、その後はペースが上げられず。レース後の可夢偉はガックリと落ち込んでいたが、それでも今後に向けた希望は失ってはいなかった。

 

ーーなんとも言えない結果になってしまいましたね……。

「ガッツリとクルマを壊されたんで、しょうがないですね……。クルマの横のフロアがばっしりと壊れてましたよ」

 

ーー無線で『あんなの許されないでしょ?』と言っていたのは、ビアンキのオーバーテイクのこと?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. teri-one

    後半のペースの悪さの原因はそれだったんですね。まだまだこれからですよね。頑張れ可夢偉。

    • MINEOKI YONEYA

      バルセロナ後のテストで見つかったという対策を施すためのパーツ開発が待たれますね。今日の記事でお届けした通り、マルシアもまだまだやるぞと結構息巻いていましたから・・・。

コメントするためには、 ログイン してください。

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829