REPORT【報道】

ITEM2012-0030-01

ITEM2012-0030-03 ITEM2012-0030-04 ITEM2012-0030-05 ITEM2012-0030-06

 

「もう、本当にバカと言うしかないでしょ!」

 土曜の夕刻、可夢偉は珍しく怒っていた。

 激しく打ち付ける雨に1時間半もの中断を挟んで、予選が終わったのは午後4時前。それから長いミーティングを終えてもなお、可夢偉の心のささくれは収まってはいなかった。

 あれだけ暗く鉛色に沈んでいたはずの空はすっかり明るくなり、雲間からは綺麗な青空さえ見える。それが皮肉に見えて、余計に心をかき乱す。イギリスの空は、果てしなく広い。

「なんかもう、あのトラック(エンジニアリングミーティングルームがあるトランスポーター)ひっくり返したろかと思うくらいですよ。もう、バカでしょう!」

 冗談めかしてそう言うのが精一杯だった。

 放っておけば、次から次へと不満の声が口をついて出てしまう。もっとストレートな、辛らつな言葉が次々と。

 チームとのエンジニアリングミーティングを終えた可夢偉と話し終わって、あるジャーナリストがつぶやいた。あんなにはっきりと避難するなんて、びっくりした……。

 関西人であり、今も関西弁を使う可夢偉にとって、「バカ」は敢えて婉曲的な表現をした言葉だ。「アホ、ボケ」と言ってしまえば、それはあまりにストレートすぎる。

 ストレートに今の心を表現すれば、歯止めが利かなくなる。だから、敢えて冗談めかして言ったのだ、「バカ」と。

 可夢偉が”標準語”を使う時は、決まってそういう時だ。

 クルマの仕上がりが極めて良く、上位グリッドが現実味を帯びていただけに、悔しさは尚更だった。

「かなり速かったし、余裕やったと思います、マジで。ドライでも良かったし。マジで……速かった(良い結果だった)と思いますよ。このチャンスを逃したたのはデカいな……。何なんやろ……悩みに悩むなぁ……」

 マレーシアから感じていた、チームへの不信感。

 豪雨の1周目にタイヤ交換を求める可夢偉の声は掻き消され、そのギャンブル性の強い戦略はチームメイトに委ねられた。それが表彰台に繋がったからこそ、なおさら不満は大きかった。

 それでも可夢偉は、その思いを声に出すことなく耐えてきた。

 3番グリッドの路面に落ちたオイルを拭うことを忘れていても、ポールポジションが狙える肝心なところでトラブルが起きても、4位から表彰台を争おうかという時にピットストップのミスが再発しても。

 だが、さすがに今回は我慢がならなかった。

 簡単に防ぐことのできたはずのミスだったからだ。

「クルマは凄く良かったんで、みんなと同じタイヤを付けてればみんなより良いタイムが出せるのは分かってたんで、リスクを負う必要もなかったし、全然焦る必要はなかったんですよ……」

 

 ITEM2012-0030-07

 

 バーミンガムの空港に降り立った時、イギリスの空は青かった。

 オリンピックムードの高まるロンドンで大混雑が予想されていたヒースローの入国審査を避けるため、可夢偉はバーミンガム行きの飛行機に乗った。だがイギリスで第二の都市とも言われる工業都市のこの街でも、入国審査の行列は長く伸び、1時間以上を待つ羽目になってしまった。

 午後9時を過ぎてもなお明るいこの時期のイギリスだが、この日のノーサンプトンシャー州の空は夜になって厚い雲に覆われ、その時刻を待つまでもなく大雨によって辺りは薄暗くなった。今思えば、波乱含みの不気味な週末を予感させる空模様だったのかもしれない。

「ポールポジションを獲って、6番スタートで1周目にトップに立って、そのまま逃げ切るっていうのが今週の目標なんで(笑)。気楽に行こうと思います」

 バレンシアで科された5グリッド降格のペナルティは痛い。それが好調が期待できるシルバーストンならば尚更だ。

 しかし可夢偉は笑ってそう言った。

 気にしたところで仕方がないし、結果が変わるわけではない。それが可夢偉らしい考え方だ。

「いや、本気ですよ。気持ちは150%以上、そう1000%ですよ。実際に獲れるか獲られへんかは知らないけどね(笑)。でも木曜日の時点でなら、夢を見るのは自由やからね」

 そういって笑い飛ばす。

「充分にチャンスはあると思うし、落ち着いて結果に繋げたいですね。それよりも天気の方が重要だと思うんで、天気に左右されないようにきちんと準備をして、オプションで1発でしっかりタイムが出せるクルマにして、スムーズに予選を戦えればいいなって」

 C31のマシン特性を考えれば、シルバーストンでは充分に上位勢と戦える。彼らと真っ向勝負をして表彰台を争うためには、スタートの段階で上位にいる必要がある。たとえどれだけ速いマシンがあっても、トラフィックに埋もれてしまえば本来の実力を発揮することはできず、後方に埋もれたままでレースを終えることになってしまう。

 勝つためには「完璧なレース週末が必要」と言われる今季のレース展開だが、それは予選で上位グリッドを獲りクリーンな場所でレースをするという意味合いが強い。

 予選の結果でレースの展開は大きく変わってしまうのだ。

 朝は真っ青な美しい空が広がっていたのに、いつの間にか空は鉛色に変わっていた。汗ばむほどの陽射しは消え、雲が覆い尽くす。

 シルバーストンの週末は、雨との付き合いになることは分かっていた。週末の天気予報は連日、雨マークが並ぶ。典型的なイギリスの空だ。

 当然のように、金曜からセッションは雨に濡れた。雨量自体はさほどではなくとも、路面は完全にウエットになり、各所でスピンが続発する。

 水はけの悪いアスファルトには、水たまりや川がそこかしこに現われては消えていくからだ。

「今回は俺の言うことを聞いてくれ。路面のことはテレビで見るよりもドライバーの方が見てるし、どっちのタイヤが良いかっていうのはいつも以上にドライバーの方が分かるんやから」

 金曜夜のミーティングで、可夢偉はエンジニアたちに向かってそう言った。

 マレーシアのような悔しさはもう味わいたくなかったからだ。今週末もあんな大荒れの展開が予想されるのだから、雨が降ってきた時の判断は自分に任せて欲しい。

 ミーティングが終わる頃になると、さっきまでの雨が嘘のように、シルバーストンには美しい夕焼けが顔を覗かせていた。金曜のためだけに用意されていたピレリの新型テストタイヤは、1周たりとも日の目を見ることなくパドックの片隅へと運ばれて、ひっそりとファクトリーへ送り返されるのを待っている。

 翌朝、空を見上げても雨の気配はなく、土曜午前のセッションはついにドライの走行になった。

 マシンの感触は、やはり良い。

 中高速のエアロサーキットにC31が合っていることを改めて確認し、午後の予選に向けて可夢偉は自信を深めていた。

 だがその矢先、ランチタイムに降り出した小雨が予選の開始5分前になって突然、強い雨へと変わった。

 シルバーストンの路面は、あっという間に濡れそぼる。

 刻々と悪化していく路面コンディションに、各車がインターミディエイトタイヤを履いて一斉にピットレーン出口へと殺到する。その先頭に、可夢偉の白いマシンがあった。

 予想に反して雨脚は弱まり、路面は次第にドライへ。可夢偉もドライタイヤへと履き替えてアタックを続行するが、残り数分というところで雨脚は再び強くなる。

 それでも可夢偉は水しぶきの少ない先頭走者であったことが幸いして、7番手で悠々とQ1を通過してみせた。これならまだまだ行ける。可夢偉はそう感じていた。

 強い雨が降り続く中で始まったQ2には、いよいよウエットタイヤが持ち出された。インターミディエイトでコースインする冒険に出たフェラーリ勢は、ものの見事に裏切られてすぐさまピットへと戻ることになった。

 そうこうしているうちにも路面状況は刻々と悪化し、そこかしこに川が横切る。車重600kgそこそこのF1マシンは、その水流に乗って次々とスピンしていく。

 マシンの後方に上がる水しぶきの量も増し、ルイス・ハミルトンは真っ白な視界の中であわや可夢偉に追突しそうになった。

「路面がスリッパリー過ぎるよ! もう少しでザウバーのマシンにクラッシュしそうになったくらいだ!」

 どれだけドライビング技術に秀でたトップドライバーたちにも、アクアプレーニングだけはどうすることもできない。

「とても走れるコンディションじゃない。赤旗を出すべきだ!」

 ドライバーたちからの相次ぐ訴えに、レースコントロールは赤旗中断の決定を下した。

 FIAが提供するレーダーモニター上には、大きな雨雲が映し出されている。気まぐれなイギリスの雨は、今度ばかりはしばらくやみそうになかった。

 雨が上がり、コース上の水たまりが消えるまで、幾度となくメルセデスC63 AMGのメディカルカーがコースインしては戻ってくる。

 ようやくセッション再開の宣告が出される頃には、実に1時間半が経過していた。

ITEM2012-0030-10

「よし、ウエットタイヤで行こう」

 可夢偉は無線でエンジニアのフランチェスコ・ネンチに伝えた。

 残り6分19秒の時点で時計が止まったセッションの開始まで、あと3分。ピット出口に最も近い2つ隣のピットガレージでは、ウイリアムズがすでにエンジンに火を入れてピットレーン出口に並ぼうとしている。

「ウイリアムズもウエットタイヤを履いているから」

 しかしフランチェスコは聞く耳を持たない。

「我々も早くエンジンをかけなきゃいけない。ファイヤーアップだ、ファイヤーアップ!」

 メカニックに指示を出すので精一杯で、可夢偉の声はフランチェスコには届かなかった。

 シグナルがグリーンに変わるのを待つ間に、フランチェスコは言った。

「もしインターがダメでも、すぐにピットに帰ってきてタイヤを換えれば、1周はアタックできるから大丈夫だよ」

 しかしそれは机上の空論でしかなかった。

「無理無理、バカでしょ! 入る! ウエット、ウエットタイヤ!」

 実際に濡れた路面の上でステアリングを握る可夢偉にとっては、履いたばかりのタイヤでコースインから僅か1周の走行では、フルにアタックすることなどできやしない。

「ウエットに換えて1周走っただけでアタックしろって言われたって、あれだけ雨が降ってるし、どこがどれだけ濡れててどれだけ乾いてるか分からないし、どこまでプッシュすればいいか分からないし。他のみんなはプッシュして(路面状況を)勉強してから最後にアタックしてるのに、僕はいきなりアタックなんやから。どこまで行っていいか分からんし、もちろん飛び出したらゲームオーバーやしね……」

 滅多に感情論を口にしない可夢偉だが、このときばかりは悔しさと怒りの言葉が次々と溢れてきて止められなかった。上位グリッドが、それも驚くほどの上位グリッドが視野に入っていただけに、悔しさは尚更だった。

「赤旗の時にメディカルカーが走ってるのを見て、水しぶきがあんまり出てなかったからって。それ聞いて『はぁっ!?』って思いましたよ。それを聞いて僕、目が点になりましたよ」

 度重なるピットウォールとの意思の齟齬に、周りからは不安の声も聞こえ始めた。もちろん、可夢偉自身としてもそんなことは百も承知で、フランチェスコやさらにその上に立つジャンパオロ・ダラーラたちとの意思疎通に努めてきた。

「じっくり話してはいるんですよ。デスクで向かい合って話してる時にはちゃんと話せるしお互いに納得してるんですよ。昨日だってミーティングで全員に向かってああ言うてるのに、予選が始まったら聞いてくれないし。始まったら舞い上がっちゃうんですよね。まぁ、イタリア人だからしょうがないのかなとも思いますけど、本当に課題ですね、これは」

 エスプレッソが飲みたかったのか、ラザニアが食べたかったのか……可夢偉は吐き捨てるようにそう言って、苦笑いで怒りを誤魔化した。

 

ITEM2012-0030-11

 

 鉛色の空は、泣き出しそうで泣き出さない。

 いつもより1時間早く13時に始まる決勝は、日曜日を慌ただしい気分にさせる。

 降り続いた雨でぬかるんだ地面が、サーキットの外に大渋滞を巻き起こしている。それを避けるために、いつもよりもさらに早くサーキットへと向かわねばならないのだから、余計に慌ただしさは増す。

 それでも可夢偉はリラックスしていた。

 悔しさや苛立ちを引き摺っていて速く走れるのなら、それもいい。しかし現実は違う。マイナスにこそなれ、プラスになることはあり得ない。だから、可夢偉は過去に振り回されたりはしない。

 朝のミーティングで、エンジニアたちとはレースの戦略について語り合った。

「(ポールを獲って)6番スタートでも痛いくらいやのに、17番って論外でしょ。だから、まずは焦らず、変な事故に巻き込まれないことが大事で、状況が安定してきたくらいのところからレースが始まるんじゃないかなと思いますね」

 ドライバーズパレードまでの僅かな時間に、モーターホームを訪れていたゲストと談笑し、野菜中心のランチを掻き込む。あっという間に時間はやってくる。

 グリッド上でフランチェスコと改めて言葉を交わし、お互いの意思を確認し合う。

 鉛色の空は、いまだに雨を降らさない。しかし、レース後半には雨の予報もある。となれば、荒れた展開もあり得る。

 失意の17番グリッドから、プッシュし通しのレースが始まった。

 いつものようにスタートの好加速で2台抜き、タイヤをいたわりながらピットストップを引っ張ってさらに順位を上げていく。可夢偉はいつの間にか入賞圏内まで浮上し、8位争いを展開していた。

 だがその戦いは、37周目に迎えた2回目のピットストップで事実上の終わりを迎えた。

 ザウバーのクルーたちが待つピットボックスに向けステアリングを切り、ブレーキペダルに左足を掛けた途端、コンクリート製のピットレーンからダストが濛々と上がる。C31のフロントホイールはロックし、可夢偉はただの乗客になってしまった。

 雨上がりのグリーンなシルバーストンは、アスファルトではなくコンクリートでできたピットのスローレーンが極めてダスティで滑りやすくなっていたのだ。1度目のピットストップは隣のフォースインディアが同時にやってきたため充分に減速してからのターンインで、そのダスティさに気付かなかった。

 こんな後方からの戦いを強いられていなければ、必要のなかったプッシュ。だが、可夢偉はそんな言い訳は絶対に口にしなかった。

「プッシュしないといけない場面やったし、フォースインディアもいなかったんでナナメに入って行けたんです。そしたらスローレーンの方がビックリするくらいグリップがなくて、タイヤがロックしてそのまま滑っていって。まぁ、自分のミスですけど、ちょっと悔しいですね……」

 可夢偉のマシンは、右フロントタイヤ担当の2人とフロントジャッキ担当のクルーをなぎ倒してようやく止まった。

「あそこで僕が行きすぎて、結構タイムロスして、それでポイントを失いましたね。今日は完全に僕のミスだったんで、チームには申し訳ないです……」

 コースに戻り、すぐさま無線でクルーの無事を確認した可夢偉は、レースを終えてから改めて彼らに詫びの言葉を伝えに行った。

 ストレッチャーでメディカルセンターに運ばれた彼らは、いずれも軽傷で済んだ。

 フロントジャッキを握っていた巨体のマーカスは、左手の親指を脱臼し、彼の左手は包帯で幾重にも巻かれてさらに巨大になっていた。

 彼はトヨタ時代に給油リグを担当していた男で、トヨタのF1撤退とともに職を失いながらも、可夢偉とともにザウバーへとやって来た。このチームの中でも付き合いの長い、いわば戦友だ。

「俺は大丈夫だ、こんなの大したことないさ。気にするな!」

 すでにピット機材の片付けに復帰し、トランスポーターの裏で動き回っていたマーカスは、可夢偉に向かって笑顔で言った。

 巨大なトランスポーターの運転が本業の彼は、そのまま巨大なステアリングを握ってドーバー海峡を渡り、ヒンビルまで帰って行った。

 チームのミスに、自らのミス。

 イギリスの週末に抱いていた大きな期待は、失望に変わった。いや、失望と言うよりも、危機感と言うべきだろうか。

「レッドブルやフェラーリと戦うのは厳しかったと思いますけど、ロータスとは戦えたと思いますね。それは良いことなんですけど、(現実には)僕らがそこに行けてないっていう悔しさもあるし、そこはこれからしっかりリズムを取り戻していかないといけないなと思いますね……」

 見上げれば、果てしなく広い空。イギリスの空は、やはり広い。

 だがそれはイギリスだから広いのではなく、本当は空の広さは世界中どこでも変わらない。

 ただ、周りの山や建物がそれを覆い隠しているかどうかの違いでしかなく、果てしなく広い空はどこにでも常に存在する。

 いつかはそれが見える時が来る。そう信じて、前に進んでいくしかない。

ITEM2012-0030-13

(text by Mineoki YONEYA / photo by Wri2, Sauber)

 

2012年7月14日発行

ITEM2012-0030 / FOLB-0019

 

 

Related Articles

コメントは利用できません。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031