REPORT【報道】

MGP-HEATER-01

 

 ドイツの『Auto Motor und Sport』がメルセデスAMGのタイヤ内圧操作ギミックだというデバイスを報じましたが、実はこれはずっと以前から使用されているもので、別に目新しいものではありません。具体的に言えば、2015年の日本GPから使用されているものです。

 

 昨年のベルギーGPでバースト騒動が起き、その次のイタリアGPからピレリの指定内圧が高くなり、メルセデスAMGのニコ・ロズベルグ車のタイヤ内圧が規定違反であったとして審議対象となりました(結果的に無罪放免)。次のシンガポールGPではそれまでの強さが鳴りを潜めフェラーリとレッドブルに完敗しましたが、翌週の日本GPではこのデバイスを導入し速さを取り戻しました。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • TAKU
    • 2016年 7月 01日

    いつも勉強になりながら、楽しく拝見しております。
    「走行時にブレーキダクトに取り込まれる冷却風はブレーキディスク断面の穴やホイールのスポークを通って排出されるわけですが、このデバイスによる加熱時は全体をすっぽりとカバーで覆っているため、
    下の細いダクトから空気を排出しながら熱風を循環させています。」

    とありますが、「下の細いダクト」というのは上から3番目の写真で地面に垂れ下がっているケーブルのようなもののことでしょうか?

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2016年 7月 01日

      説明が分かりづらくてすみません。ブレーキダクトに接続されている2本のオレンジ色のホースのうち下の方のことです。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Nov    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31