REPORT【報道】

 

2022年の総括企画として、松下信治に2022年のF1を振り返って分析してもらう第3回は、王座から脱落したメルセデスAMGとルイス・ハミルトン対ジョージ・ラッセル、そして角田裕毅と岩佐歩夢の2022年を評価してもらった。

 

22戦1勝のメルセデスAMG

王座陥落とラッセル初優勝

 

ーー8年連続王者のメルセデスAMGがついに陥落しました。

「新しいレギュレーションになってもレッドブルとメルセデスAMGの戦いになってまたメルセデスAMGがリードするんだろうなと思っていたので、彼らがあそこまでマシン開発に失敗して苦労したのは驚きましたね。去年の最後は色々あってマックスがチャンピオンになったとは言え、実力としては真のチャンピオンはメルセデスAMGだったと僕は思っていたし。だからシーズン開幕当初は『こんなことがあるんだ?』と思ってビックリしました。そこから挽回に時間が掛かったのはコストキャップとか空力テスト制限とか色んな制約があるから仕方がないと思うんですけど、最初にあれだけミスを犯したのが意外でした」

 

ーージョージ・ラッセルの初優勝はどう見ましたか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • ManGok
    • 2022年 12月 27日

    読み応えのある素晴らしい記事をありがとうございます。
    松下選手のインディ挑戦実現すればめちゃくちゃ熱いですね。
    そのためにも今年のスーパーフォーミュラで是非結果を残してもらいたいです。

      • MINEOKI YONEYA
      • 2023年 1月 06日

      Sportivaの方では文字数の都合で泣く泣くカットしなければならない部分も多々あったので、こちらでじっくり読んで頂いてノブ選手が語ったニュアンスまで感じて頂ければと思います。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2023年1月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031