REGULAR【連載】

 

 前回はコースサイドのフラッグとともにLEDパネルのF1マーシャリングシステムが運用されているのをご紹介しましたが、グリッドでも同じようなシステムが使用されています。

 

 以前は各スターティンググリッドに停車すべきマシンのカーナンバーを記したロリポップ(と呼ばれる棒の先に看板が付いたもの)をピットウォール側から伸ばし、ドライバーに停止位置を知らせると同時に、スターティンググリッドにそのマシンがつくとマーシャルがロリポップを上げてスタート準備が整ったことを知らせるという手法を採っていました。F1以外のレースでは今でもこの方式が大多数です。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年1月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Dec    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031