F1リアルスコープ

 

 ピットストップに使用するイクイップメントは、コスト削減の名目で2020年の途中から開発が規制され、トークンを使用しなければ改良が許されなくなりました。

 

 昔のような単なるジャッキや工具ではなく、2秒台の居即ピットストップを実現するためのピットシグナルや、それと連動するためのスイッチやライトを搭載したホイールガン、前後ジャッキ、その制御システムまでを含めてピットストップイクイップメントと呼ばれています。多くのチームが独自開発していますが、ハースのようにフェラーリから一括購入で供給を受けているカスタマーチームもあります。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • unicorn712
    • 2022年 9月 22日

    でも、結局今年のファステストピットストップもレッドブルなので、やはりすごいチームですね。フェラーリも安定して2秒台前半でクルマを送り出してますね。逆にメルセデスが時間かかっているのに気になります。

コメントするためには、 ログイン してください。