REGULAR【連載】

20180331-01

 

 唐突ですが、これだけ世界各地を飛び回っていると、それなりにマイルも貯まります。何に使ってるの?って良く聞かれますが、どんどん特典航空券を発券するのに使っているので、そんなに貯蓄はありません。

 

 どのくらい貯まるかというと、僕は2009年の後半からANAをメインに使ってきて、毎年10万マイル(正確に言えばそれに区間倍率を掛けたポイントですが、僕はほとんどが国際線で1.5倍のアジア路線とか2倍の国内線には乗らないのでほぼ同じこと)に到達して、最上級のダイヤモンド会員をず〜っとキープするくらいです。

 

 ダイヤモンド会員だとANA便にはボーナスマイルが130%とか付くので、実際にはその倍で20万マイルほど貯まることになりますね。

 

 が、これだけず〜っと乗ってきたANAとさよならすることにしました。

 

 理由は色々あるのですが、ロスから別人を乗せたことが分かって引き返したとか、トラブルとか、色々あるにしても、やはり一番は自分が乗っていて「これはダメだな」と感じた実体験です。

 

 「日本唯一の5スター」とか宣伝してますが、はっきり言って、「どこが?」っていう感じなんです。きっと5つ星なのはビジネスクラス以上の話で(マイル発見やアップグレードでたまに乗る限りではビジネスも5つ星とは言い難いですが)、プレエコ以下は2つ星くらいというか、お金を払わないお客にはそれ相応のサービスしかしない、というのがありありと見えるようになってきたから。

 

 エコノミーのイスはLCCのエアアジアより狭いし硬いし、ビジネスだってフルフラットのスタッガードと言っても787にはかなりの詰め込み方で狭い。しょうもないことかもしれませんが飲み物だって去年の6月頃から急に種類が少なくなって、コスト削減の嵐。食事もかなり貧弱で、JALに比べると常に1品少ないし、質も下。

 

 スターウォーズジェットにしたって、好きな人は良いかもしれないけど、嫌いな人にとっては拷問以外の何ものでもないですよ。あの音楽がずっと流れてて、CAさんのジャンプシートやギャレーに地球外生命体の人形が置いてあったり。最初の頃なんて、機内アナウンスに「ピロピロ」ってあの音を入れてましたからね(さすがにすぐ辞めたけど)。

 

 それ以外にも「なんでこんなことが?」っていう疑問なことだらけ。硬すぎる座面や全然リクライニングしないイスなんて、誰かが1回でも12時間座ってみれば「これはあり得ない欠陥商品だ」って分かるはずなのに、「スライド式だから前から倒れてこない」なんていう聞こえの良い言葉だけ並べてそのまま商品化しちゃう。

 

 利便性ばかり追い求めて羽田路線を増やしたものだから、羽田空港のラウンジは常に人が溢れ帰っていて、座るところもないし夜はシャワー30人待ちとか言われる。スイートラウンジの「ダイニングh」ではアラカルトで料理を出します!って言われたらすごいと思うけど、営業時間が夜限定で、その時間に飛ぶフライトなんて数えるほどしかなくて利用できる人はほとんどいないとか、それでも営業開始時間には行列ができて「どこがファーストラウンジ?」みたいな状態になるとか。

 

 国内線のWIFI無料も今頃になってJALに追随してきてるけど、JALとは通信方式が違うから、全員無料にしたら多分激遅。国際線のWIFIなんて、容量たった100MBで2000円近くするのに、メールで画像送るのも無理なくらい遅いですからね。ちなみにJALは最上級会員は国際線でもWIFIは実質無料で、なおかつそんなに遅くないです。

 

 きっと、今のANAって誰かが「これおかしいんじゃ?」と思っても、組織の中で聞いてもらえないか、自分が責任取りたくないから言わない方が良いっていう雰囲気なんじゃないでしょうかね。で、誰かが決めたことをなんとなくこなすだけ、みたいな。

 

 JALに追い付け追い越せだったかつてのナンバーツー企業の雰囲気は感じられず、ANAだからじゃなくて大企業だから入社しましたっていう感じの人が多く、目の前のお客さんではなくてマニュアルしか見ていない。去年モスクワに行く時に初めてJALに乗って、JALの方がよっぽどそのへんがちゃんとしてるなぁと感心しました。それでJALに鞍替えしようと思ったんです。

 

 今のANAは完全に大企業病だと思います。だから魅力的じゃないし、お客さんの方を向いてなくてサービスも質も低下している。

 

 あれ? これってどっかの自動車業界でも聞いたことあるような話だなぁ(苦笑)。

 

 まぁH社よりT社の方がよっぽどちゃんとしているというのは間違いない事実だと思いますが(苦笑)、飛行機はJALに移っても仕事の方はWECやWRCには移らないのでご安心ください(笑)。

 

(text and photo by 米家 峰起)

 

 

 

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031