REGULAR【連載】

20180126-01

 

「他カテゴリー挑戦は、ドライバーとして成長のために必要だ」

 

 モナコGP、インディアナポリス500、ルマン24時間耐久レースという世界三大レース制覇“トリプルクラウン”を狙っていると公言しているフェルナンド・アロンソは、昨年のインディ500挑戦を皮切りにWECのLMP1-Hテストドライブ、そして今度はLMP2マシンでのデイトナ24時間参戦と、どんどん活動の場を広げています。

 

 今もF1が自分にとっての最優先事項だとは言うものの、F1以外のカテゴリーに挑戦することはレーシングドライバーとして成長し続けていくために必要なことなのだとアロンソは語ります。乗り慣れたマシンから離れ全く別のマシンをドライブし全く違うレースを戦うことで、そこには新たな発見があるからです。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031