REGULAR【連載】

20160315-01-FER

 

 2017年のレギュレーション大幅改訂を前に今季はほとんどのチームが昨年型からの正常進化型マシンでコンサバティブなアプローチを採っています。そんな中で唯一、マシンを大きく変えてアグレッシブな手法を採ってきたのがフェラーリです。

 

 スタート地点が低かった昨年はコンサバティブな手法でマシンを開発することができたといいますが、3勝を挙げる成功を収めた昨年型マシンからさらに大きく前進するためには、アグレッシブな手法を採ることが必要不可欠だと判断したのだといいます。

 

 テクニカルディレクターのジェームズ・アリソンは言います。 

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Mar    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930