F1ドライバーってこんなヤツ

20160912-01

 

 今回も前回に引き続き、特別編としてF1ドライバー全般の習性についてお届けします。最近多いのが、マネージャーでもフィジオセラピストでもない、なんだかよく分からない人が一緒にいるというケースです。

 

 たとえばニコ・ロズベルグ。たまにテレビ中継などにも映り込んでいますが、専任のカメラマンを帯同させて一緒にいます。ポール・リプケ(http://www.paulripke.de)というドイツ人のカメラマンで、普通のF1のカメラマンと違って超望遠レンズでマシンの写真を撮るとかではなく、小さなライカのカメラでニコのオフショットを撮っている感じ。どこかのグランプリでレース終了直後の表彰台の下で、マシンを降りたニコがカメラマンのカメラを掴んでガシガシ〜ッとポーズをしていたやつ、あれがリプケさんです。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。