REGULAR【連載】

20160203-01

 

 先日このブログでもご紹介した18歳の女子ドライバー、小山美姫選手のインタビュー記事がSPORTIVAさんに掲載されて(http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/motorsports/2016/02/02/18f4f1/)、Yahoo!にも掲載され、1日ずっとスポーツ欄のトップに掲出されていた上に、なんとしばらくの間はYahoo!のトップに出ていたそうです。

 

 Yahoo!のトップに出るというのはものすごい宣伝効果で、誰もが望むけれどそう簡単にできることではありません。お金でどうこうできるものでもありませんし、純粋にYahoo!側が「このニュースは多くの人がクリックするだろう」と判断したものだけが選ばれるんです。

 

 記事には非常に多くのコメントも付き、その多くが夢を追いかける彼女の姿勢に対して好意的なものであったことも嬉しかったですね。若い人はこうあるべきだし、なにより世の中がそういう姿勢を否定しない空気であってほしいですからね。

 

 もちろん女子であるということで色物的な見方をする人もいるだろうし、女子だからこそこうしてYahoo!に登場したわけですが、純粋なレース記事ではトップに選ばれることなんてないのにこういう記事はトップにくるというこの事実に、F1やスーパーフォーミュラを盛り上げるヒントが隠されているような気がします。

 

 ハッキリ言って、レースというのは万人受けするコンテンツではありません。好きな人は好きだけど、興味ない人は全く興味を示さない。そういうニッチなコンテンツです。

 

 それでもYahoo!のような場所に出て1人でも多くの人に見てもらうためには、レース記事ではなくエンターテインメントとして価値のあるニュースでなければならないのです。また、レース自体もそういうものでなければ純粋なレース好き以外には興味を持ってもらえないとも言えます。

 

 そんなことを改めて教えてくれた出来事でもあったのでした。

 

(text and photo by 米家 峰起)

 

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2019年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930