REGULAR【連載】

 

 F1マシンのチーム間格差を小さくする2022年レギュレーションですが、ルックスはどうでしょうか?

 

 昨年イギリスGPで披露されたFIA製のショーカーはあまりルックスが良いとは言えないシロモノで、その後に各チームがSNSなどで使用しているイメージ画像もこのショーカーを元にしたものであるため、2022年型マシンはあのイメージになってしまいました。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (5)
    • js
    • 2022年 1月 30日

    各チームの力をある程度平準化するのも理解できるけれど、個性豊かな空力コンセプトを見るのも、F1観戦の楽しみの1つだと思う。予想より選択の幅があって良かった!でもグランドエフェクトだと、ニューウェイ先生のハイレーキコンセプトとか、なくなってしまうのか?

      • MINEOKI YONEYA
      • 2022年 2月 01日

      外観に幅が持たせられるように、空力パッケージは独自制作で規定にも自由度を・・・といいつつも、やっぱりみんな1/1000秒でも速い方が「正解」になるので、数年も経てば一つの方向に収斂していってしまうんでしょうけどね(苦笑)

      フロントウイング地上高を下げてそこでダウンフォースを生み出すのは有効だと思うので、ハイレーキはなくならないような気もします。むしろマシン底のダウンフォースが増えれば増えるほどアンダーステアになりがちなので、フロントのダウンフォースは欲しいんじゃないかなぁ。

    • unicorn712
    • 2022年 1月 31日

    割と不評ですけど、このショーモデルがかっこいいと思った自分は少数派ですかね?(笑)

      • MINEOKI YONEYA
      • 2022年 2月 01日

      う〜ん、1台単体ならまだ良いけど、あれが20台走ってるところを想像すると、かっこ悪いかなぁ。。。

    • js
    • 2022年 2月 01日

    コメントありがとうございます!
    ハイレーキは今後も生き続けるのでは、という事で良かった!
    確かにデザインは収斂していきそうですね。逆に初年度は各チーム個性が強めで、大コケするところも出そう。なんか心配な赤牛(汗)

コメントするためには、 ログイン してください。