2021

 

ーーマックス・フェルスタッペンが最後尾グリッド降格から2位まで挽回しましたが、ここまで行けると思っていましたか?

「全てが上手くいけば5位だというのが我々の予測だった。それが2位という結果になったのだから非常に喜ばしいことだね。とはいっても(雨が降り出す)数周前までは行けても6位でフィニッシュするのが精一杯の状況だった。マックスがインターミディエイトに交換する決断を正しく下したことでこの結果を手にすることができたんだ。パワーユニット投入ペナルティを消化し、事前の予想以上の結果とともに週末を終えることができたね」

 

ーー38周目にはフェルナンド・アロンソに抜かれてしまいました。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • unicorn712
    • 2021年 9月 30日

    フェルスタッペンのフロントのグレイニングがおさまればアロンソに近づけたかもしれませんけど、タイヤエイジの差を考えると、抜くのは厳しかったでしょうね。いくら軽めのリヤウィングとはいえ。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2023年1月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031