RACE【レース】

 

 2021年第15戦ロシアGP決勝は、2番グリッドのカルロス・サインツがスタートでトップに立つが13周目にポールポジションのランド・ノリスが首位を奪い返しレースをリードする。中団グループに抑え込まれたルイス・ハミルトンはダニエル・リカルドがピットインしたところで急激にペースを上げてノリスを追いかけ、レース終盤にはDRS圏内に追い着く。

 

 しかし残り7周となったところで雨が降りだし、49周目にピットインしてインターミディエイト交換を決断したハミルトンが首位奪還。ハードタイヤのままステイアウトに賭けたノリスは大きくペースを落として7位でレースを終えた。最後尾グリッドスタートのマックス・フェルスタッペンは7位に留まっていたが、48周目にインターミディエイトに交換する判断が当たり2位まで挽回。サインツも同じく48周目にピットに飛び込んで3位表彰台を獲得した。

 

 そんなロシアGP決勝の全ドライバーのレースペースを比較することで分析していこう。

 

 全ドライバーの全ラップタイムをグラフ化すると以下のようになる。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。