RACE【レース】

 

 2021年第14戦イタリアGP決勝は、スタートでトップに立ったダニエル・リカルドがマックス・フェルスタッペンを抑え込み、ピットストップでも先行してそのまま優勝。フェルスタッペンはピットストップのロスで後退し、ルイス・ハミルトンとの攻防で接触し両者リタイア。2位に浮上したランド・ノリスがセルジオ・ペレスとバルテリ・ボッタスの猛攻を抑え、マクラーレンは2012年ブラジルGP以来の優勝、2010年カナダGP以来の1-2フィニッシュを飾った。

 

 そんなイタリアGP決勝の全ドライバーのレースペースを比較することで分析していこう。

 

 全ドライバーの全ラップタイムをグラフ化すると以下のようになる。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Sep    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031