RACE【レース】

 

 2021年の第6戦アゼルバイジャンGP予選での各マシンの車速を比較することで、チームごとのパフォーマンス差やマシンの長所・短所がどこにあるのかを分析していこう。

 

 全チームの予選アタックラップの車速データをグラフ化すると以下のようになる。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • unicorn712
    • 2021年 6月 17日

    (本文コピペ)角田のQ2ラップ(赤色)はターン2、3、4、5〜6、11、16とほとんどのコーナーでガスリーに負けている。特にターン5〜6ではその差が大きいが、アルファタウリの2台はターン5の入口でプッシュしてターン5から6に向けて減速してしくような走り方をしており、他チームがターン5で減速してから再加速しターン6を綺麗に立ち上がるのとは異なる。

    ということは、アルファタウリって少しクセのあるマシンなんですかね。アンダー傾向なら乗りやすいと思いがちなんですが。フェルスタッペンのQ3の1回目のアタックはバンカーだと思うんですけど、それにガスリーが1000分の3秒迫ったのは、素直にすごいと思いました。
    Q1で角田がハミルトンに抜かれるのを防御したのはグッジョブと思いました。去年のロシアQ2でオコンもやってましたけど、あれ抜かれてたら、また無線でFワードパラダイスだった気がします(笑)。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031