1. HOME
  2. RACE【レース】
  3. 2021
  4. 【2021 Rd.14 ITA】金曜総括:驚速メルセデスAMG、直線もコーナーもレッドブルは完敗
2021
【2021 Rd.14 ITA】金曜総括:驚速メルセデスAMG、直線もコーナーもレッドブルは完敗

【2021 Rd.14 ITA】金曜総括:驚速メルセデスAMG、直線もコーナーもレッドブルは完敗

2021

 

 イタリアGPの予選では、バルテリ・ボッタスがポールポジションを獲得し、Q3最初のアタックまで最速だったルイス・ハミルトンは0.096秒届かず2位。マックス・フェルスタッペンは全体的に苦戦を強いられて0.411秒差の3位となった。

 

 予選Q3で24に区切られたミニセクターの最速を記録したドライバーをまとめると以下のようになる。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • コメント ( 1 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. unicorn712

    メルセデスがここでボッタスに規定数を超えるパワーユニットを入れさせたのは意外でした。普通の展開なら、ハミルトンが100回目の優勝おめでとうってなりそうですね。フェルスタッペンは、ハミルトンの後ろでゴールできるか、マクラーレンを抑えられるかどうかにかかってますね。ノリスは間違いなく狙ってくる。
    ペレスは決勝スタートはハードのリバースストラテジーに賭けるしかないかも。蹴り出しが悪いですが。

コメントするためには、 ログイン してください。