RACE【レース】

 

 2021年第10戦イギリスGP決勝のレースペース分析に続いて、戦略分析も行なっていこう。

 

 全マシンのトップからのタイムギャップをグラフ化すると以下のようになる。一番上がトップ走行ドライバーで、下に行くほどギャップが大きくなる。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • unicorn712
    • 2021年 7月 25日

    ペナルティをはねのけたレースをしたハミルトン。

    今後、フェルスタッペンはパワーユニット交換のペナルティがあると思うんですが、それをはねのけたシーズンと言われるようになってほしいです。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2021年 7月 30日

      交換の必要はなさそうで、ひとまず良かったです。PUも含む車体構造は変形していませんでしたからね。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930