2021

 

 イギリスGPではメルセデスAMGだけでなくレッドブルもアップグレードを投入した。フランスGPからの3連戦でフロントウイングやバージボードなど次々と積極的にアップデートを投入してきたレッドブルだが、まだ開発の手は止めていない。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (4)
    • unicorn712
    • 2021年 7月 21日

    これって、フロアまるまる新造でしょうか。元々のフロアにアップデートパーツにあたるものをポンとつけたのでしょうか。
    フロアは最悪間に合わなくても、今までと違うハイダウンフォースのハンガリーなので、旧スペックフロアでなんとかなると考えるのは、素人考えですかね。
    気になるのは、メルセデスがハンガリーにアップデートを持ち込まないとは言い切れないので、ここでどちらのマシンに分があるのかですね。あとは、ペレスがどれほど近くにいるか鍵な気がします。最近とっちらかっているイメージなので。

      • MINEOKI YONEYA
      • 2021年 7月 21日

      金属部品で追加しているので、部分的補修だと思います。ギザギザディフューザーも最初は当該部分だけ金属部品で追加だったのがカーボン化されてますから。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2024年2月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829