RACE【レース】

 

ーーマックス・フェルスタッペンはリタイアを喫したものの、セルジオ・ペレスが優勝を飾りました。

「ピットストップでトップに立ったマックス選手とペレス選手が1-2体制で快走していたんですが、本当の終盤にタイヤトラブルでクラッシュということでリタイアということになってしまいました。しかしペレス選手が赤旗中断後の最後の2周のレーシングラップでポジションを守り切って優勝し、レッドブル・ホンダ加入後初の優勝を飾ってくれました。再スタートでハミルトン選手がコースオフしたことでガスリー選手が3位表彰台を獲得し、ホンダにとっては結果としては非常に良いレースになったと思います」

 

ーー角田裕毅も初のQ3進出から自己最高位の7位でフィニッシュしました。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年1月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Dec    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31