2020

 

ーーイタリアGPの初日はピエール・ガスリーの4位が最上位で、ホンダユーザー勢が多く上位に入りました。

「スパ・フランコルシャンに次いでさらなる超高速サーキットということでしたが、パワーユニットとしては特に大きな問題もなく、車体側もパワーユニット側もプログラムを順調に消化することができました。特にパワーユニット側は今週末から予選と決勝を同一モードで走行するという新しいルールができましたので、それに向けて色んなトライをしたりセッティングを若干変えたりしながら走行しました。明日のFP3でそれを完全にフィックスして予選・決勝に臨みますので、明日に向けてこれからデータをよく見て最適化を図り、その状態でFP3を走ってさらに予選・決勝で不具合のないように煮詰めを行なっていきたいと思っています」

 

ーーレッドブルとアルファタウリのパフォーマンスについては?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。