RACE【レース】

 

 2020年の第3戦ハンガリーGPは、直前に降った雨の影響で各車がインターミディエイトタイヤでスタートしたが、その後は降りそうで降らない天候の中ドライコンディションでのレースが続き、ルイス・ハミルトンが独走勝利、マックス・フェルスタッペンは7番グリッドからスタートで3位に浮上しバルテリ・ボッタスを抑え切って2位でフィニッシュした。

 

 そんなハンガリーGP決勝の全ドライバーのレースペースを比較することで分析していこう。

 

 全ドライバーの全ラップタイムをグラフ化すると以下のようになる。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • jian
    • 2020年 7月 24日

    恐るべしメルセデス。赤牛が弱点を克服すればイーブンまで持っていけると信じたいが果たして?そもそも赤牛のリア不安定の原因は何なんでしょネ(分かれば苦労してないか。。。)そして跳ねない、跳ね馬。凄いぞ桃矢!

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031