RACE【レース】

 

 第5戦スペインGPではスタートでセバスチャン・フェッテルがメルセデスAMGの2台に襲いかかるものの右フロントをロックさせてフラットスポットを作ってしまい後退。スタートで首位に立ったルイス・ハミルトンがそのままレースをリードして優勝、バルテリ・ボッタスが2位に入った。2ストップ作戦を採ったマックス・フェルスタッペンは、1ストップのシャルル・ルクレールトの戦いになったが、レース終盤にセーフティカーが入りフレッシュなミディアムタイヤを履くフェルスタッペンに背後に迫られては勝負にならずルクレールはピットインして3位を明け渡さざるを得なかった。

 

 中団グループではハースが速さを見せ、予選・決勝ともに中段のトップ。ただしレース終盤のセーフティカーからのリスタートでケビン・マグヌッセンがロマン・グロージャンのインに飛び込んで交錯し、グロージャンは大きく順位を落とした。レースを通してハースと争っていたのはトロロッソだったが、ダブルピットストップを行なおうとしたもののタイヤが準備できておらず混乱。さらにリスタート直後にカルロス・サインツに抜かれて9位・11位に終わった。

 

 そのスペインGP決勝の全ドライバーの全ラップタイムをグラフ化し、各マシンのペースを分析する。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。