RACE【レース】

 

 第5戦スペインGPでの各マシンのレースペースを分析することで解き明かす第4弾として、中団グループ各チームの比較分析を行なう。

 

 中団グループは予選中団最上位のセルジオ・ペレスハース勢(黒色)が決勝でも集団を引っ張り、トロロッソ(水色)の2台がこれを追う展開。ダニール・クビアト(水色・太線)は第2スティントでケビン・マグヌッセン(黒色・細線)を抜いて8位に浮上するが、レース終盤のセーフティカー導入時に行なったダブルピットストップでタイヤが準備できておらず後退してしまった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。