RACE【レース】

 

ーースペック2を投入して臨んだアゼルバイジャンGPの予選はマックス・フェルスタッペンが4位、ダニール・クビアトが6位という結果でした。

「金曜はちょっと走行距離は短かったんですが基本的な確認はできて、今日のFP3でも順調に走ることができました。大きなトラブルもなく、両チームともクルマとしてのパッケージのパフォーマンスが結構良くて、レッドブルに関してはまた予選4位と、ガスリーはペナルティでピットスタートなのが残念ですがコースコンディション(の有利な点)など状況も色々あったもののQ1でトップタイムを出せたのは明るい材料かなと思っています。トロロッソも2台ともポテンシャルが高かったんですが、結局Q3に行けたのはクビアトだけになってしまいましたけど、今年初めてのQ3進出かつ6位ということでチームも非常に喜んでいましたね。本番は明日ですけど、長いレースで色々あると思うので(後方スタートの)ガスリーとアルボンも含めて着実に走って得点圏内で4台完走を狙って行きたいと思います」

 

ーー短い走行時間の中で100%満足出来るセッティングまで煮詰めることはできたのでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • 零48
    • 2019年 4月 28日

    ガスリーの燃料流量違反の原因が気になります。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031