RACE【レース】

 

 開幕戦オーストラリアGPでの各マシンのレースペースを分析することで解き明かす第2弾として、中団グループ各チームの比較分析を行なう。

 

 リザルト上ではハースが予選に続き決勝でも中団グループ最上位の6位、そこにルノーのニコ・ヒュルケンベルグが7位、Q3に進出したアルファロメオのキミ・ライコネンが8位、Q3に進出したセルジオ・ペレスは後退したが代わりにランス・ストロールが9位をレーシングポイントにもたらし、10位にはトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが入った。

 

 その中で決勝での本当の実力はどうだったのか? 各チームのレース戦略運営がどのように影響したのか? それを解き明かしていきたい。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Mar    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930