RACE【レース】

 

 2019年にGP3からFIA F3へと移行するにあたって開発された新型車両『F319』は、オーバーテイク推進やレースのショーアップ、そして若手ドライバーのスキルアップを狙いとしてデザインされている。

 

 その開発総指揮を執ったFIA F2/F3テクニカルディレクターのディディエ・ペランに、F319の開発コンセプトとその詳細について聞いた。

 

ーー来季から始まるFIA F3で使用される新車『F3 2019』がお披露目されました。

「10月11日にマニクールでシェイクダウンを行ない、全ての要素がきちんと機能していることを確認してそこから1000kmを走行してきた。先週ヘレスでパフォーマンステストを開始し、来週のアブダビとバーレーンでさらにマシンの限界までプッシュする予定だ。それによってピレリとともにタイヤ開発も進め、2月下旬までに各チームにデリバリーされるまでにマシンパッケージをレースができる状態へと準備を整えていくんだ。これはオーバーテイクをするためにデザインされたマシンだ。開幕戦が楽しみだよ」

 

ーーこのF3 2019の設計コンセプトを教えてください。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930