RACE【レース】

 

 中団グループの争いは、ザウバーのシャルル・ルクレール(紫色・細線)が制した。しかしグラフ②を見れば分かるように、レース中盤以降はほとんど変化していない。フォースインディア勢(ピンク色)がケビン・マグヌッセン(グレー色・細線)に抑え込まれて抜けず、最後までマグヌッセンのペースに付き合わされてしまったため、ルクレールは後ろを見ながらペースをセーブして悠々と走り切ったのだ。もし純粋な速さとタイヤマネージメントに優るフォースインディア勢がマグヌッセンを攻略できていればルクレールの背後まで迫ったはずで、ルクレールの7位争いは決して楽なものにならなかったはずだ。

 

 逆にフォースインディア勢は予選Q3の失敗で本来のグリッドポジションにつけることができなかったのが大きく響いてしまった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930