RACE【レース】

 

 オーストリアGPで中団トップの速さを誇ったのは間違いなくハースだった。しかしレースペースを見るとフォースインディアもハースに匹敵する速さを持っていたことが分かった。

 

 ロマン・グロージャン(グレー色・太線)はレース後半にペースが急激に低下し、最後はフォースインディア勢の猛攻を受けることになった。ケビン・マグヌッセン(グレー色・細線)はVSC時にピットインができず28周目にピットインしライバルより13周若いタイヤで走行していたにもかかわらず、こちらも50周目あたりからはペースが苦しくなり、一度は抜き去ったエステバン・オコン(ピンク色・細線)に対して防戦一方となっている。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930