RACE【レース】

20161005-01

 

 第16戦マレーシアGPは、ルイス・ハミルトンが独走したもののまさかのパワーユニットトラブルによりリタイア。その後方で激しい戦いを繰り広げていたレッドブル勢が1-2フィニッシュを果たすことになった。スタート直後の接触で最後尾まで落ちたニコ・ロズベルグは追い上げてキミ・ライコネンと激しい攻防の末に3位。

 

 後続では1ストップ作戦に出たバルテリ・ボッタスとジョリオン・パーマーが入賞を果たし、マクラーレン・ホンダ勢はフェルナンド・アロンソが最後尾グリッドから追い上げて7位、Q3進出を果たしたジェンソン・バトンは2ストップ作戦でペースこそ良かったもののピットインとVSCのタイミングが合わず3ストップ勢に負けてしまいました。

 

 実際の各チーム各ドライバーのペースがどうだったのか、決勝の全車全ラップタイムを分析してみましょう。

 

20161005-02 

 

 下地の色は黄がソフト、グレーがミディアム、オレンジがハードタイヤを表わしています。タイムの赤字はピットストップ、青字は自己ベストタイムを表わしています。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Sep    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031