RACE【レース】

20160225-01

 

 2月25日、バルセロナ合同テスト最終日のマクラーレン・ホンダは、ERSの冷却水漏れが発生し僅か3周の走行しかできなかった。

 

 トラブル自体は深刻なものではなさそうで、RA616Hの設計自体に問題があるというような深刻な事態ではなさそうだが、この日の最後には予選モードでのパフォーマンスランも予定していただけにMP4-31の本来のポテンシャルを測る機会が失われたのは残念だった。

 

 4日間のバルセロナ合同テスト終了後、ホンダの長谷川祐介F1総責任者に聞いた。

 

ーー最終日は僅か3周しか走ることができませんでしたが、どのようなトラブルが起きたのでしょうか?

「ERS系冷却システムの冷却水が漏れてしまって、それ自体はそんなに大きなトラブルではないんですが、水が漏れてしまっていたのでERSを交換しなければならずその交換に時間が掛かってしまって、メカニックたちは最後までなんとかコースに送りだそうと修理を試みていたんですが、時間切れになってしまいました。ERSはVバンクの内側にありますから、パワーユニットを完全に切り離して部品を交換するのに非常に手間取るんです」

 

ーーパワーユニット側の問題ということですか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30