RACE【レース】

20160223-01

 

 バルセロナ合同テスト2日目にマクラーレン・ホンダMP4-31を初めてドライブしたフェルナンド・アロンソは、119周を走行して9番手タイムを記録。セッション後に会見を開きそのインプレッションを語った。

 

ーーMP4-31でのテスト初日を終えた感想は?

「多分2月の第3週にテストが始まるなんてあんまり無いことだし、今までで一番長いオフだったかもしれないね。こうしてレースに戻って来たことも嬉しいし、初日からたくさんの周回をこなすことができたことも嬉しい。去年は初日が7周で、2日目が25周、3日目が13周で開幕だったんだ。5〜6戦目でもまだ色んなことを見付けていっているような状況だったし、おかげでシーズンを通してパフォーマンスは大きく制約を受けることになった。

 今年の冬の最優先事項は昨年抱えた問題をクリアすることだったけど、少なくとも信頼性は充分に確保されているし、チームのみんなの頑張りを誇りに思うよ。もちろん、まだまだこのクルマからパフォーマンスを引き出さなければならない。今日は空力面の学習とか水温、ブレーキ温度などの学習などが中心で、ドライバーとしては決して楽しいものではなかった。誰にでもできるような走行だからね。セットアップ変更をしてソフトタイヤを履いて燃料搭載量を変えて走るのを楽しみにしているよ」

 

ーーディプロイメントの問題は解決していましたか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031