RACE【レース】

20151107-01

 

 11月1日に行なわれた第17戦メキシコGPの全車ラップタイムと推移グラフを見ながら、レースを総括してみましょう。優勝したのはニコ・ロズベルグでしたが、ペース的にはルイス・ハミルトンにも充分にチャンスがあったこと、そして意外なドライバーが好ペースで走行していたことが分かります。そして、マクラーレン・ホンダは?

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • 1990
    • 2015年 11月 07日

    バトンのペースのばらつきについてですが、周回遅れになる際の道を譲るための動きの影響は除外して分析しているんですか?

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2015年 11月 07日

      その影響も皆無とは言えませんが、ジェンソンは周回遅れになったのがピットストップ後の31周目以降ですが、それ以前からペースにバラツキがあること、それと抜かれる場合はストレートで簡単に抜かれたであろうことを考えると、譲るための大きなロスはほぼ排除できるのではないかと考えました。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30