RACE【レース】

20140708-01

 

ーー19周目にターン3でアルトゥール・ピックと接触してリタイアしてしまったけど、何が起きたの?

「後ろのピックの動きには注意してはいたんですけど、あそこであの入り方をされたら当たるしかないと思います」

 

ーー次戦5グリッド降格というペナルティになってしまったけど……?

「裁定には納得できませんけど、(あのアタックが許されて)僕が避ければ良かったというんだったらそれがGP2のレースなんでしょうし、今後は気をつけなければならないと思いますね」

 

ーーレース全体としては12番手を走っていて、そんなに悪くなかった?

「スタートは上手くいって、レースを通してシルバーストンの習熟も進みましたし、マシンも週末で一番良い状態だったので、良いペースで走れていましたね」

 

ーーみんなタレの少ないハードタイヤを履いてのレースだったから、それ以上のレース展開も期待できなかったよね?

「今週は(ハードの)タイヤのライフもほとんど気にする必要がないような状態でしたし、レース展開としてはあれ以上はどうすることもできなかったと思います。でもそれは言い訳にしかならないので、結果からすれば“遅い”の一言だと思います」

 

20140708-02

 

ーー週末を終えてみて、シルバーストンはやっぱり強敵だった?

「正直言ってやっぱり、このサーキットをこんな短い時間で覚えるのはツラかったですね。鈴鹿を45分のフリー走行だけで攻めろって言われているようなものですね。モナコよりも全然こっちの方がツラかった。モナコはコーナーが少ないしスピードが遅いじゃないですか? だからブレーキングポイントさえ見つけちゃえば良いんです。でもこっちは1周が長いし、高速コーナーが難しいかなと思ってたら小さいコーナーが難しくて。ターン3〜4とか6〜7とかがくせ者でタイムに影響するんですよね。逆に1コーナーとか9コーナーみたいな一発で決めるような高速コーナーは、決勝では逆にチームメイトよりも速いくらいだったんです」

 

ーー課題は相変わらず予選だよね。

「シミュレーターで走っててもちょっと大変そうとは思ってたんですけど、予選はちょっとツラかったですね。でも今データを見てみたらレースは結構良くなっているんです。毎回言えることですけど、やっぱりもう1日欲しいなって思いますね。参戦するまでフリー走行が45分しかないっていうのも知らなかったんですけど、今年30分から45分に増えても全然充分じゃない。それよりもむしろ。30分が2回の方が良いですね。

 レース1、2とやると毎回仕上がってくるんですけど、そのテンポをなんとかもう一歩速くできれば、全然違う展開になると思うんです」

 

ーー前回のレースの後も、表彰台が見えそうなところまでは来ていると話していたよね?

「レースは悪くないから、予選さえ上手く行けば表彰台も見えてくると思うんですけどね。こんなこと毎回言ってるからもう言いたくないんですけど(苦笑)。厳しいけどやらなきゃいけないわけだから、もっと速く走れっていうだけのことなんですよね。サーキットを勉強しに来てるんじゃないんだから、ちゃんと走れよ!って自分でも思うんですけど(苦笑)、そんなに簡単なことじゃないんです。でも、簡単じゃないことをやらないと先はないですから」

 

ーー時間が足りないというのは、やはりセッティング云々よりも自分の走りを煮詰める時間が足りない?

「自分の走りですね。セッティング変更と言ってもそれって自分の走りにクルマを合わせる作業なわけですから、そもそも自分がまだ見えてないところがあるから、あんまり変えようがないんですよね。とりあえず僕がもう少し速く走れるように頑張ります、っていう感じで」

 

20140708-03

 

ーークルマのフィーリングとかタイヤのフィーリングには馴染めてきている?

「そういうのは段々減ってきたという感覚はありますよ。最初の頃はもっと訳が分かってなかった感じでしたから。最近はなんとなく“こういう風にすれば良いのかな”っていうのが分かってきていて、だけどその通りにできるところとできないところがある感じです。ちょっと速く切ったほうが良いコーナーもあればそうじゃないところもあるし。でも、そんなこと言ってるうちに1年はあっという間に終わっちゃうと思うんで……」

 

ーーここは首とかはキツくない?

「腕がツラいですね。GP2はパワーステアリングが付いてないんで、重いんです。今のダラーラのスーパーフォーミュラよりは全然重いですよ。スイフトのパワステが付いてなかった時のと同じくらい重い。このコースは特に重いですね。それにここのサーキットはなぜかクルマが跳ねるんで、それを押さえるのが大変なんです。ただ重いだけじゃなくて、ステアリングがバタバタするのを押さえてなきゃいけないんで、それがツラいですね」

 

ーー今週末はここまでで一番厳しかった?

「正直、今回は特にツラかったっていうのはあります。ただ、次のホッケンハイムは10年前ではありますけど走ったことがあるサーキットなので、“入り”の雰囲気は全然良いと思います」

 

(text by 米家 峰起 / photo by 米家 峰起, GP2)

 

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2019年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Sep    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031